開発

その他

有楽土地/省資金事業に軸足/効率重視へ中経を修正

 有楽土地グループは、2011年度を最終年度とする「中期経営計画」を策定し、計画最終年度に連結ベースで売上高810億円、経常利益31億円を目指す。  事業戦略では、主力の不動産販売事業で棚卸資産の圧縮を進めて資金回転率を高め、「オーベル」ブランドの価値増大を目指すほか、再開発事業や建て替え、等価交換事業など省資金型事業や資金効率に重点を置く。  賃貸部門では資産の入れ替えを進めて保有不動産の優良化 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年5月18日