不動産証券化

その他

丸の内のAIGビル/1155億円で日本生命に売却

 アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)は5月11日、東京・丸の内に保有している不動産を約12億ドル(約1155億円)で日本生命保険に売却すると正式に発表した。丸の内という超一等地での取引価格に注目が集まっていたが、市場想定よりもかなり高い価格だったとみられる。入札で決定した。  対象売却不動産は、「AIG大手町ビル」がある約1エーカー。AIGは、「世界的に不動産関連市場が厳しい環境下 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年5月18日