賃貸管理

その他

一五情報サービス/賃貸物流、底打ちの兆し/市況改善を予想

 首都圏の大型賃貸物流施設マーケットに底打ちの兆しが見られるようになった。物流不動産の専門調査会社である一五不動産情報サービス(東京都墨田区)が調べた延べ床もしくは敷地面積5000平方メートル以上の4月時点の空室率は14.5%で、前回調査の1月から横ばいで推移した。  空室率は1月調査でも0.6ポイント縮小し、昨年の大量供給によって急速に悪化した賃貸マーケットには一服感が広がっていた。この3カ月間 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年5月18日