マンション管理

その他

アパート/4月も受注減続く/本格回復は下期以降か

 昨年秋から続くアパートの受注減少が今期になっても止まらない。各社によると、地主の投資マインドは強く問い合わせは多いものの、受注には結びついていないようだ。  大東建託の4月の受注高(速報値)は、前年同月比28.99%減の226億9600万円だった。同社では4月、5月は前期の受注キャンセルの処理作業に追われるとしており、受注回復は夏以降になるとしている。  レオパレス21の4月の受注高(速報値)は ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年5月18日