その他

連載

明海大学教授・齊藤 広子の質問状(31)/日本マンション学会に聞く/管理に関する課題と対策/回答者 弁護士・山上 知裕理事/不法行為責任の肯定には制限も

■共用部分に欠陥が見つかりました。どうすればいいのでしょう  マンションの共用部分に構造上の欠陥が見つかった場合、買主は分譲業者(売主)に対し契約上の責任を問うことができます。このような売主の責任を「瑕疵担保責任」といいます。ここで言う「瑕疵」とは、いずれの字もキズという意味で、欠陥と同義と考えて結構です。ところが民法は、売買契約の場合は欠陥を知ったときから1年以内、戸建の注文住宅の場合は請負契 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年5月18日