その他

連載

市場活性化への提言(1)/明海大学不動産学部教授・中城 康彦/流通市場の再生不可欠/住替え促す土壌づくりを

 米サブプライムローン問題を契機に急激な落ち込みに見舞われた住宅・不動産市場。業界は固唾をのんで再浮上の時を待つが、地価上昇を待望するだけでは〝いつか来た道〟を再び繰り返すだけだ。業界を熟知した有識者から、本当の市場再生に向けた方策について提言を受ける。  住宅・不動産市場は売買市場と賃貸市場に分けて考えることができる。加えて昨今では不動産に資金を供給する投資市場が存在している。市場活性化のために ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年5月18日