分譲

その他

セントラル総合開発/主力銀行から100億円調達/評価損一括計上で今期黒転へ

 セントラル総合開発は、前期(09年3月期)決算で棚卸資産の評価損を一括計上することから、「プラスマイナスゼロの状態でスタートできる体制が整った」(久保高起常務)として、今期で完全黒字化を目指す。また、運転資金についても、主力銀行から100億円超を調達したほか、従来から運転資金の融資を受けている銀行からも資金調達しており、「資金運営面での安定化が図れる」(同)としている。  同社は、前期から「本業 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年5月11日