ハウス・住設

連載

住宅時評 トレンドを斬る(551)/ハウジングライター・藤原 利彦/三井ホームが2階まで全面開口の新商品/デザイン力を訴求/建替え層の掘り起こしへ

 2009年春の新商品は地球環境にやさしい住宅がトレンド。太陽光発電システムや燃料電池搭載住宅のオンパレードだ。そうした中で異色は三井ホームが4月24日から投入した「グラセナ」。2階までの壁一面を窓にした大空間リビングを提案した商品。同社オリジナルの技術「Gフレーム構法」(95年開発)を進化させた「GフレームZ」(08年新Gフレーム構法として認定取得)で、2階までの全面開口を実現した。  従来のG ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年5月11日