不動産流通・売買・仲介

その他

東急リバブル/仲介事業が苦戦 営業利益8割減

 東急リバブルが発表した09年3月期連結決算は、売上高543億4600万円(前年同期比20.2%減)、営業利益16億8300万円(同82.5%減)、経常利益16億6400万円(同82.9%減)、最終利益6億8100万円(同88.1%減)だった。仲介事業の売上高が3割近く減ったほか、販売受託や不動産販売などの事業も苦戦したことが主因。営業費用の削減を進めたが、固定費などが重しとなって大幅な営業減益に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年5月11日