不動産流通・売買・仲介

その他

東急リバブル/今期件数は回復へ/住宅投資 個人需要に底堅さ

 東急リバブルは、2010年3月期の仲介件数が前期比12%増となる1万5000件程度まで回復するとの見通しを示した。価格調整が進んだことで、2月以降の成約は個人を中心に月間1300件ペースで推移している。4月に入っても需要に減速感はなく、売り物件が確保できればさらなる上積みも期待できる。ただ、取扱単価は昨年より下落するとし、手数料収入はほぼ前年並みの水準に落ち着くと見る。  今期の仲介件数は1万5 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年5月11日