行政

その他

08年住宅着工/景気悪化で103万戸に/持家は昭和30年代並み

 国土交通省がまとめた08年度の新設住宅着工戸数は103万9180戸で、建築基準法改正で大きく落ち込んだ07年度を0.3%上回ったものの低い水準となった。特に持家は、前年度比0.4%減の31万664戸となり、1962年度以来の低い水準となった。  国交省では「建基法改正の影響はほぼ解消されたが、分譲住宅は住宅価格の上昇と在庫増加によって需給が緩慢になった。年度後半は景気が急速に悪化し、持ち家を含め ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年5月11日