ハウス・住設

特集

【土地の有効利用特集】土地の有効利用で市場活性化へ/経営効率高めて資産家にアピール/プラン、設備の工夫で差別化を図る各社/安定収益確保をオーナーに提案/住宅メーカーの賃貸住宅最新商品

 注文戸建ての市況低迷に悩む住宅メーカー各社では、集合住宅受注を伸ばしてこの不況を乗り切る考えだ。いかにオーナーに効率の良い賃貸経営をさせるかがそのカギであることに変わりはない。一括借り上げなどの受注促進策は各社とも取り入れており、「モノ」の魅力で勝負する時代に回帰してきたといえよう。メンテナンス費の削減による経営効率アップ、徹底した市場調査による高稼働・高賃料を目指した商品など、多彩な商品が並ぶ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年3月16日