不動産流通・売買・仲介

その他

特化型の物件サイト/“築古”物件 取引増える/価値多様化、自分らしさ重視

 住まいへの価値観が多様化する中、かつてネガティブな要素として捉えられてきた「築古」や「難あり」といったキーワードに理解を示す消費者が増えている。こうした動きと連動して、訳あり物件の仲介を強みとする不動産会社も出てきた。ニッチ市場のため、ホームページでの集客が主体となるが、中には月平均5件の売買仲介に結びつける企業もある。 ■ウェブ集客で月5件売買も  築古物件が許容されるようになったのは、住 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年3月16日