その他

連載

駅前不動産屋奮闘記/出口地所・出口 和生/経済を動かすエネルギー体

 株価の乱高下が続いています。前回バブル崩壊の時はその渦中にいたので大変でしたが、今回は余裕を持って経済の動きを観察することができます。たぶん株を持っている人は全員損をしていると思いますが、まずはうろたえないことです。おカネの気持ちになって考えるならば、一番安心そうな「円」に向かうのが最も順当。だから私は楽観的なのです。  前回日本のバブル崩壊後、外資による日本の金融機関の買収が活発に行われました ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年3月2日