その他

その他

不況生き残りへ“即戦力”研修/中小不動産業者の実需確保策

 長引く市況の低迷により、人材教育を重視する住宅・不動産会社が増えている。技術開発が進み売り物件の質はアップしているにもかかわらず、様子見を決め込むユーザーは多い。少ない需要をどうやって自社に取り込むか、というのが人材教育を積極化している理由だ。モノやシステムでの差別化ではなく、「ヒト」のスキルアップにより差別化を図るというものであり、住宅・不動産業の原点回帰とも言える動きだ。 ■研修会社の利用 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年3月2日