不動産流通・売買・仲介

その他

流通各社/市況悪化が響き相次ぎ下方修正

 流通会社で中間決算の下方修正が相次いでいる。好調の原動力だった法人仲介が今年に入り減ったことに加え、地価下落で取扱単価そのものが下がったことも影響している。  東急リバブルは16日、今中間決算は7月に発表した業績予想よりも売上高、利益ともに下回りそうだと発表した。売上高は271億9000万円(前回発表比6.6%減)、営業利益3億3000万円(同50.7%減)となる見通し。住友不動産販売も20日、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年10月27日