地域業者

その他

地元産材で家づくり 1都3県の取り組み/「森林保全」「健康志向」に着目

 輸入材が7割を占める住宅用木材で、地元産の木材を積極的に取り入れようという動きが広がりを見せている。「地元の木」の利用を意識的に促進することで、地域経済の活性化につながるという地産地消の観点、また、住まいにおいても健康志向の人たちが、安心・安全を求めて国産材の良さに着目していることも大きいようだ。各自治体では、協議会などを組織して啓発に努めたり、独自の認証マークを付与するなど、取り組みは前向きだ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年10月27日