その他

社説

政府の経済対策/大胆な住宅取得税制を

 金融不安が拡大している。米証券大手リーマンブラザーズの経営破たんだけでなく、世界中で株価が暴落した。実体経済への影響も拡大している。日本の国内景気も、後退局面に入った。住宅・不動産業界を見ても、分譲住宅市場の低迷と、金融機関の融資姿勢の変化で経営破たんが相次いでいる。  政府は、補正予算の成立を受け、住宅ローン減税の拡充など追加経済対策の策定に向け本格的に動き出した。  あらためて論じるまでもな ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年10月20日