その他

連載

住宅時評 トレンドを斬る(525)/ハウジングライター・藤原 利彦/アパート建築に参入するトヨタホーム/永住派ニーズに照準/戸建てグレード、質で勝負

 トヨタホームがアパート建築に本格参入する。鉄骨ユニット工法の賃貸住宅(商品名スマートメゾン)を開発、10月7日から首都圏、東海圏、近畿圏で受注に乗り出した。プレハブ住宅メーカーとしては最後発のアパート参入となる。  貸家建設は低金利を背景に息の長いブームが続き、着工戸数を伸ばしてきた。住宅各社も不振の戸建てをカバーするためにもアパート受注の強化に乗り出している。トヨタホーム販社から商品化の要請が ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年10月13日