その他

社説

レバレッジ手法の限界/不動産事業の原点再考を

 世界中で金融市場の混乱が増している。すべての発端は昨年夏に顕在化した米国のサブプライムローン問題だ。当初、日本のだれもが対岸の火事と見ていた。だが、実際に及んだ影響は甚大となった。日経平均株価は8千円台前半に。東証リート指数も昨年5月末に2612.98ポイントの指数算出以来の最高値を付けたが、いまや700ポイント台の水準にまで下落している。こうした金融危機の煽りを受け、銀行は、不動産向け融資を一 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年10月13日