ハウス・住設

特集

【住生活月間特集】いい家ってどんな家?/「200年住宅」の普及目指せ/多世代で循環利用を/カギは国民の意識向上

 秋の臨時国会で成立が期待される長期優良住宅法案は、建物ハードの品質向上にとどまらず、長期間の使用に耐える住宅を多世代にわたって循環利用していくためのインフラ整備の促進を大きな狙いに据える。およそ30年で壊されてしまう消費財としての住宅を広く社会に流通する資産に転換していけば、国民は住宅資産を活用した多様なライフスタイルの選択が可能になり、同時に世代間の住宅ミスマッチの解消や、新築に比べて割安な中 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年10月6日