その他

特集

【住宅・土地政策拡充キャンペーン(3)】/証券化通じ都市再生へ/活性化促す制度急務/市場の転換点、後押し急げ

 Jリートや私募ファンドをはじめとする不動産投資市場が、日本に定着してから初めての調整局面を迎えている。不動産市場のファンダメンタルズは堅調なものの、サブプライムローン問題によって資金供給がストップ。Jリートの投資口価格も低迷し、本来の実力が反映されない「過小評価」市場が目立っている。だが、不動産の有効利用を促し、都市再生や地方活性化を引き出す不動産証券化の役割は不変。内需主導型経済への転換のため ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年10月6日