不動産証券化

その他

JLLレポート/ベトナムの不動産/中長期投資は有望市場/ビル、商業は貸し手優位

 ジョーンズ ラング ラサール(JLL)は、中国に代わる海外の生産拠点として注目を浴びるベトナムの不動産事情に関する調査レポートをまとめた。現状では投資適格物件は極端に少ないものの、海外企業の活発な進出や購買力の高い富裕・中流層の増加に伴って不動産需要は依然拡大過程にあり、不動産市場は完全な貸し手・売り手市場が定着している。海外投資家にとっても高いインフレ率や不正・汚職行為といったリスクを十分に理 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年10月6日