その他

特集

【住宅・土地政策拡充キャンペーン(2)】政策の比重を長期優良住宅に/もう一段の優遇必要/ストックへの転換も促進

 超長期優良住宅への取り組みに各社が一斉に注目している。国土交通省の「第1回超長期住宅先導的モデル事業」の応募総数は603件だった。不動産市況の悪化で、今後の事業戦略の練り直しを迫られている中で、こうした長期優良住宅への取り組みを積極化させて時代の波をとらえようと必死だ。同時に新たな成長戦略の柱に据えようともしている。 ■内需型経済拡大のカギ/景気対策として不可欠  個人の住宅購入意欲が盛り上 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年9月29日