ハウス・住設

その他

積水ハウス/MITと街づくり研究/都市問題テーマに住宅のあり方探る

 積水ハウスはマサチューセッツ工科大学(MIT)建築計画学部と共同研究をこの7月に開始したことを明らかにした。6月に基本合意していた。  「将来に向けての持続可能なコミュニティデザインと住宅のあり方」が研究テーマ。日本の都市部における少子高齢化、人口減少、環境問題、コミュニティの崩壊は先進国に共通しており、発展途上国においても将来的な検討課題として懸念されている。  大学や建築家などと連携して実験 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年9月29日