不動産証券化

その他

新信託法1年/個人信託 需要伸び悩む/高い関心も制度に不安

 昨年9月30日に施行された新信託法によって加速が期待された信託ビジネスだが、丸1年を経過した今も個人向けの資産運用にかかわる信託ビジネスは伸び悩んでいるようだ。新信託法によって可能になった受益者連続型をはじめとする新しい制度の認知度が広がらず、大手信託銀行も「手間と時間がかかるわりには収益が期待できないため及び腰」なのが理由。ただ、自宅を担保にノンリコースローンを受けるリバースモーゲージ信託など ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年9月29日