行政, その他

1面トップ

【08年暑中特集号】長期優良住宅 普及促進へ/内需拡大のエンジン役に期待高まる

 長期優良住宅の普及が本番を迎えようとしている。耐震性や質の面で劣る住宅を長寿命住宅に置き換えることで資産価値を高め、こうした住宅を流動化していくことで老後資金の確保やライフスタイルに応じた住宅への住み替えを容易にしようというものだ。供給サイドにとっても旧耐震住宅の建て替えによって膨大な住宅投資が期待できるのはもちろん、フローからストックへの転換が新たなビジネスチャンスになる。だが、足元の住宅市場 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年8月4日