その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(707)/ワイズ不動産投資顧問・山田 純男/市況が一段と冷え込んで業者の仕入れが慎重に/好立地の高額マンション

 前回の本欄で東京地裁の競売物件におけるマンションの割合が増加していることを紹介した。そして、そのマンションの競落状況にこのところ変化を感じている。  昨年の上半期では、競落マンションの売却基準価額に対する競落価格の上乗せ率は約65%であったが、今年上半期のそれは約41%に低下している。競落水準が低下しているのは明らかであるが、物件によっては、この数字以上の変化を感じる競落事例がある。  7月10 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月28日