不動産流通・売買・仲介

特集

【不動産流通特集】駐車場ビジネス/地所リアルが新規参入 大京リアルドも本格化/「有効活用」に商機捉える CRE提案メニューの一つに

 不動産流通会社では、業界2位の11万台超を運営する三井不動産販売のほか、大京リアルドと三菱地所リアルエステートサービスが積極的。両社ともやはり親会社が仕入れたマンション用地の一時利用など、業者向け仲介の一環でもあるが、独自で採算性を向上させるためにさまざまな運営手法を研究して本格展開を図っている。  大京リアルドでは昨年、96年から行っていた駐車場事業のブランド名を「リアルドパーク」に改めた。運 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月28日