行政

その他

国土交通省/局長級幹部が就任会見

■大口清一総合政策局長/横断的な政策を強化/バリア除去ではソフト面も  国土交通省の大口清一総合政策局長は22日の就任会見で「ある意味で明治維新以上に荒波が押し寄せている。時代認識を持って仕事に当たりたい」と抱負を述べた。  日本を取り巻く大きな変化に「少子高齢化、都市への人口集中」「国際的な大競争時代」を挙げ、合理的コスト主義と安全性をバランス良く両立させる政策の必要性の高まりを強調した。   ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月28日