分譲

その他

アーバン・ビルド・山中 敏彦社長に聞く/役職者も顧客開拓へ 強みの営業力を一層強化/大手デベとのJVも視野に

 アーバン・ビルドは、今期(09年2月期)から課長・部長クラスも営業活動を行う「クローザー制度」を導入した。強みの営業力をさらに強化し、冷え込んでいる市況を乗り切る考えだ。将来的には、グループ売上高を拡大するため、大手デペロッパーとのJVも視野に入れている。今後の事業展開を山中敏彦社長に聞いた。  ――「クローザー制度」導入の狙いを  「会社の考え方としては、いわゆる源泉営業を強くすることを基本に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月28日