不動産証券化

その他

BS圧縮、各社が本腰/流動化ビジネス 物件売却を加速

 不動産流動化ビジネス各社のバランスシート圧縮が本格化してきた。サブプライムローン問題を契機とした不動産向け融資の厳格化が長引きそうだと判断しているためで、各社ともここ数年の間にふくらんだ資産と有利子負債を圧縮するスタンスに経営を転換。財務の健全化を進めて資金調達力の向上を図り、優良物件が放出されるようになった市場で資産の入れ替えを進めようという狙いがある。ただ、買い手市場に変化しつつある不動産市 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月28日