開発

連載

総合力を追う 検証 成長戦略(7)/NTT都市開発/グループの遊休地を生かす デベロッパー機能強化が鍵

 通信事業最大手のNTTが抱える不動産会社。NTT都市開発は、老舗の大手不動産会社とは毛色が異なり、NTTグループから簿価で継承した用地にビル開発を手がけて成長してきた。2009年3月に竣工を迎える総事業費約300億円の大手町の連鎖型第1次再開発プロジェクトや既存ビルの賃料の上昇によって今期以降も堅調に成長する見通しだ。  営業利益ベースで事業比率を見ると、約80%が賃貸で占める。保有ビルの築年数 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月21日