その他

連載

「ポスト・ベッドタウン・システム」への転換を 地域循環型 社会構造を提案(1)/獨協大学地域総合研究所・雨宮 昭一教授チーム/求められる複合型住機能

■生産体制が変化 社会システムも  獨協大学地域総合研究所所長の雨宮昭一法学部教授は、「日本の都市構造が大きく変わる時代を迎えている。大都市とそれを取り巻くベッドタウンという構造では、社会が成り立ちにくくなった。これまでの社会を支えていた構造に変わる新たな〝ポスト・ベッドタウン・システム〟の構築を目指すべきだ」と語る。  ポスト・ベッドタウン・システムとは、都市部での職・住分離型の既存の社会構造 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月21日