行政

その他

不動産投資市場研究会/鑑定手法など検討 「幅持たせた価格評価」を提案

 不動産投資市場に国内外の長期安定した資金を呼び込む方策を検討している国土交通省の「不動産投資市場研究会」(座長・前川俊一明海大学教授)は17日、2回目の会合を開いた。  日本の投資市場の現状と課題、不動産市場の透明化、不動産投資の金融ノウハウ、関連産業の活性化と雇用創出、海外の投資家の動向などについて、委員などから報告してもらい、課題と対応策をまとめる形で進めており、今回は前川座長が「取引価格の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月21日