その他

余滴

【余滴】

 退職世代の夫婦が郊外の広い一戸建てから都心のマンションに引っ越す例が増えている。2、3年前までは「なんだかんだで住み続ける人がほとんど」とされていたが、明らかに目立ってきたそうだ◆エンドユーザー、特に退職世代の「家」や「土地」に対する意識が変化してきたのだろう。子どもと孫は都心に住んでいる。距離が離れているのでなかなか遊びに来ない。ならば我々が子ども家族のそばに行ってしまえ、という理論だ。それだ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月21日