不動産証券化

その他

住友信託など/賃貸ビルの省エネ促進策 オーナー、テナントの利益相反解消/LLPとESCO活用

 住友信託銀行は、ビルディング・パフォーマンス・コンサルティング、あらたサステナビリティ、Sーnetの3社と共同で、賃貸オフィスビルの省エネを促進する金融スキームを開発し、今年度中にも本格的な検証事業を始める。  賃貸ビルの省エネを阻害する要因の一つがビル所有者とテナント企業との利益相反。例えば、テナント専有部の照明を高効率のインバータ照明に換えても、省エネによるコスト削減分はすべてテナント企業に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月21日