不動産証券化

その他

投資用不動産市場/強まる環境規制 リスク対策に動く/投資に“エコ”の視点 省エネ効果 経済評価も

 地球温暖化対策には無関心だった日本の不動産投資市場で、環境配慮の視点を取り込む動きがようやく見られるようになってきた。今年2月にはニューシティ・レジデンス投資法人がJリート初の『エコ宣言』を発表。鑑定業界では環境配慮不動産の価格をプラス評価する研究も本格化し始めた。いまだ数は少ないものの、投資用不動産にコスト増覚悟で環境対策を取り入れる事業者もある。背景にあるのは、さまざまな環境規制によるリスク ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月21日