賃貸管理

その他

レオパレス21/都市中心部を強化/団塊世代向け新商品開発 今期400億円の受注計画

 レオパレス21は、これまで手がけていなかった都市中心部・高家賃エリアでの受注を強化する。このほど都市部向け賃貸併用住宅「Lavo cerna(ラヴォ・セルナ)」と3階建長屋商品「Lavo casa(ラヴォ・カーサ)」を発売、今期の計画受注高4100億円の1割をこれらの商品で占めたい考えだ。このエリアや商品形態は大手ハウスメーカーが強い分野だが、35坪の敷地から対応できるほか、利回りでも勝負できる ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月21日