賃貸管理, その他

その他

少額短期保険制度本格化から3カ月/家財保険関連は18社 代理店確保が契約のカギ

 賃貸住宅の入居契約時に、ほとんどの仲介業者が家財保険の加入を義務付けている。保険業法が改正されるまでは、共済などの利用が多かったが、今年4月から少額短期保険(少短)業制度が本格化したことで、入居者は少短に加入することになる。同制度の本格化から3カ月。少短業者は6月末時点で43社が各地域の財務局に登録されている。住宅に関連する家財保険商品を扱うのは18社だ。同制度は、消費者保護を旗印にした新たな制 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月21日