開発

1面トップ

都市型コンパクトで需要掘り起こし/長期戦略で大手が再攻勢 潮目変わりファン作りに奔走

 地価や資材価格の高騰で分譲価格が上昇し、マンション需要が冷え込み始めている中、単身世帯などの需要掘り起こしに大手各社が積極的に乗り出している。人口動態的に見ても首都圏への流入人口は増え続けており、それに伴い単身者世帯が急増。世帯構成人員が減少していることを踏まえ、大手各社がその人たちのニーズにあった分譲マンションとしてコンパクトサイズに再び注目し始めている。(菊池宏、中野淳記者) ■住戸プラン ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月21日