開発

連載

総合力を追う 検証 成長戦略(6)/東京建物/今期をボトムに戦略見直し/09年12月期は再開発が牽引

 今期の計画達成に不透明感が漂っていた中、先月30日、今期の業績予想の下方修正を発表した。08年12月期通期の営業利益予想は期初予想比で28.4%減の315億円になる。建材費の高騰を受け、特に新築マンション価格上昇とともに、郊外部や地方圏を中心に買い控えが顕著になりコスト増を転嫁し切れなかったことが主因だとしている。下方修正を受けて同社は、「進行中の中期経営計画(07~09年)を踏まえながら、(来 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月14日