不動産証券化

その他

クリード5月期/資産圧縮で減益

 クリードの08年5月期連結決算は、自己投資物件の売却によって5.5%増収したものの、売却価格の下振れやドイツで予定していたファンド組成の中止などによって売上総利益は予定を27億円下回り、地方保有物件での評価損計上もあり、最終利益は前期比40.2%減の減収減益になった。今期は89%の大幅増収を見込む一方、期首の評価損計上によって最終利益は横ばいになる見通し。  08年5月期の売上高は423億円、営 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月14日