行政

その他

国交省の研究会/投資環境の整備に不動産EDI提言

 国土交通省は、不動産投資に不可欠な各種情報を標準的なデータコードに統一し、業種・業界を越えて電子交換(EDI)することによって投資判断や投資にかかわるプレイヤーの利便性を高める方策を検討した「不動産ID・EDI研究会」(浅見泰司座長)の報告書を公表した。  報告書が不動産EDIの効果として挙げたのは(1)不動産の収益費用項目をはじめとした情報の直接比較による投資判断支援や投資家コストの削減(2) ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月14日