その他

連載

賃貸業界 勝ち組への道(最終回)/船井総合研究所コンサルタント・谷内 広昭/これからの賃貸業界について/企業成長の方向性示せ

 我が国の土地を取り巻く社会経済状況は、人口の少子・高齢化や産業構造の転換など、構造的に大きく変化してきている。人口動向は減少局面に入りつつあり、世帯数についても2015年をピークに減少することが予想されている。  産業については、第3次産業へのシフトや大都市への機能集中が進んでいる。このような人口・産業構造の変化によって地方圏を中心に土地需要が低迷し、各地で地価下落の継続や低・未利用地の発生・増 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月14日