その他

連載

ストックビジネスとしてのマンション管理(26)/明海大学不動産学部教授・齊藤 広子/変化する!?共用施設 組合がチェック機構に

■豊かな共用施設  マンションの共用施設は多様だ。  朝、焼きたてのパンをフロントで購入した。子供はキッズルームで遊び、私はカルチャルームでお料理を習う。夫は時々コンピュータールームで、仕事をする。  プールで泳いで、たまには、みんなでサウナに入る。今週末はパーティルームを借りて友達とお食事会。  これがすべてマンション内で行える。確かに、戸建て住宅地ではなかなか実現できない生活だ。 ■使われ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月14日