地域業者

その他

ティーネットワーク・埼玉/入居率を98%へ CPM手法で家主と連動

 賃貸管理のティーネットワーク(埼玉・朝霞市、須綱一人社長)は、今年度の賃貸入居率を2%アップの98%へ高める目標を掲げている。管理戸数を拡大する取り組み以上に、入居率を改善することが、企業体質強化に結び付くと判断した。入居率の向上は〝オーナーとの連携強化〟を掲げており、「全米不動産管理協会(IREM)が認定する不動産経営管理士(CPM)の手法が活きる」(須綱社長)と語る。  須綱社長は、「管理戸 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月14日