団体

その他

宅建協会 会長に聞く/(社)神奈川県宅地建物取引業協会・和氣 猛仁会長/総合的な温暖化対策 太陽光発電などの導入支援も

 「より会員に近い団体となる」ことを訴えて(社)神奈川県宅地建物取引業協会の新会長に選ばれた和氣猛仁氏。重点事業の一つである環境美化・緑化活動について太陽光発電などの環境対応設備を会員が自社の分譲・賃貸住宅で利用できる仕組みを講じていくなど、環境総合対策として進化させていく考えだ。(聞き手・中川晋一記者) ■業務相談体制の整備図る  ――この数年、神奈川県宅協が重点事業として進めてきた環境美化 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月14日