行政

その他

国土交通省/超長期住宅モデル事業 40プロジェクトを採択

 国土交通省は7日、「超長期住宅先導的モデル事業」の今年度1回目の採択事業を決めた。設計や工事費など1戸あたり200万円を上限に、補助を受けることができる。  ストック社会の住宅のあり方を広く国民に提示するとともに、技術の進展に役立つ事業を公募する仕組みで、今回は4月11日から5月12日に提案を募集した。計603件の応募があり、新築戸建て24件、新築共同住宅5件、既存住宅の改修4件、維持管理流通の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月14日