行政

その他

国土交通省 春田事務次官/「ローン」「履歴書」など検討 200年住宅 法案成立に先行

 国土交通省の春田謙事務次官は就任会見で長期優良住宅の普及について「低炭素社会の実現に向けて、大きな一歩になる政策」と話し、ローンなどの検討や住宅履歴書の体制整備など、法の成立に先行して取り組む考えを強調した。  長期優良住宅について春田次官は、「日本で住宅は新築から30年で取り壊されている。長期優良住宅は、無駄使いをなくし長期に使うことはストック型・低炭素社会の実現に向けた政策の大きな一歩だ」と ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月14日